ACTIVITY

【御礼】クラウドファンディングが目標額に到達しました&次の目標

Tag :

2020年7月3日(金)に、全国小劇場ネットワーク「【地域と共に歩む文化拠点】全国の小劇場の「再開」にご支援を」クラウドファンディングが当初目標額の1,000万円に到達しました。
約800人の方から多大な寄附を賜りましたこと、また沢山の方が応援の声をくださったことに、心から感謝と御礼を申し上げます。本当にありがとうございました。

5月20日にこのクラウドファンディングを開始したときには、劇場にお客様をお招きしての公演が次いつ開催できるのか、全く見通しがつかない状況でした。
この間、私たちはクラウドファンディングと並行して、毎週オンラインでミーティングを行いながら、感染予防策についての情報交換や学びあい、公的支援策の情報共有など、相互援助の活動を継続してきました。
6月下旬からは、少しずつ公演が再開されている状況にあります。現在では政府のイベント開催に関する制限の方針に沿って、収容人数を50%に限定し、消毒等の措置をとって、この新しい状況下での公演の実施のあり方を、徐々に馴染ませていこうとしているところです。

「再開は、劇場の『新たな出発』です。」と、私たちは今回のクラウドファンディングで打ち出しています。

いま実際に公演再開の活動を行うなかで、2ヶ月前に将来を想像しながら表現したこの短文が胸に刺さる・・いや的を射たものであったと改めて感じます。
あとどのくらいの期間、この条件下での活動が求められるのか、これもまた、先のことはまだ見通せませんが、アーティスト並びに地域の皆さまのご協力を得ながら、何より、来場者の方に安心して上演を楽しんでいただける環境を整えて活動していきたいと思います。

クラウドファンディングは次の目標を1,500万円に設定し、5月以降に私たちの活動に参加を希望した劇場を加えて、7月31日(金)まで行っていきます。
引き続き応援いただきますよう、お願い申し上げます。
どうもありがとうございます。

2020年7月4日 全国小劇場ネットワーク

(7月5日(日)20時から、目標到達を機に各劇場が支援者の皆さまへの御礼を申し上げるオンライン配信イベントを開催いたします)

これまでいただいたご支援の使途

これまでいただいたご支援を、各劇場がどのように活用させていただくのか、ファーストゴールの分配対象となる「再開後、早急に支援を必要とする劇場・アトリエ」15会場から、支援者の皆さまにご報告させていただきます。

◎生活支援型文化施設コンカリーニョ(北海道札幌市)
・オンライン配信の設備導入
・空気清浄機と加湿器の増設

◎スペースベン (青森県八戸市)
・換気設備の更新・強化
・検温・消毒用品等の消耗品継続購入
・客席数減による維持費補填

◎La MaMa ODAKA(福島県南相馬市)
・空調設備増強
・今後の劇場利用について周知活動経費に。

◎シアターKASSAI(東京都豊島区)
・家賃等固定費

◎はなまる学習会王子小劇場(東京都北区)
・劇場内の換気能力を上げるための装置を購入。

◎北千住BUoY(東京都足立区)
・家賃・人件費等固定費。
・オンライン配信設備の増強。換気設備の強化。

◎若葉町ウォーフ(神奈川県横浜市)
支援金を三分割して、以下の用途で使用
・現在、中止、延期となっているアジア諸都市との交流事業(8企画)再開のための準備金
・アジア諸都市との交流事業への、海外からの参加者(現在、日本と同じ状況下で経済的な困難に直面している)への旅費、宿泊費補助
・家賃支払いなど、施設の継続、維持にかかわる固定費の補てん

◎新潟古町えんとつシアター(新潟県新潟市) 
・家賃等固定費。
・その他劇場維持費の支払い
・空気清浄機の購入
・オンライン配信設備の導入

◎上土劇場(長野県松本市)
・固定資産税に充当。
・他、人件費、電気、水道等の固定費にも。
・また空調修繕費にも当てる予定(エアコンの修繕費80万円)

◎犀の角(長野県上田市)
・家賃固定費
・他映像配信(マイク等)、受付用シールド等。

◎ナビロフト(愛知県名古屋市)
・家賃等固定費。
・空気清浄機。換気設備。アクリル板等の飛沫対策。消毒、体温計。

◎THEATRE E9 KYOTO(京都府京都市)
・ロビーの空調を整備。
・アクリル板を設置した受付テーブルの作成。

◎in→dependent theatre Group(大阪府大阪市)
・配信設備を導入。配信用にネット回線を増強する。(固定費+月1万円)
 カメラ等の設備は、利用団体に無償で提供するので、メンテナンス費用を確 
 保。
・客席減少に対応して、無償の利用日を提供する方針をとるのでその日数分の費用に充当。

◎シアターねこ(愛媛県松山市)
・家賃に補填。
・換気のための改修。

◎アトリエ銘苅ベース(沖縄県那覇市)
・感染拡大防止のための備品(非接触型体温計、消毒液など)を購入し、上演をサポート。
・オンライン配信の為の設備購入、改修作業を行い、新しい芸術活動の創造に取り組む。
・沖縄初の優れた演劇作品を創出し、沖縄の文化・芸能を力強く発信。

次の目標額と支援金の使途

少しずつ再開を始めている各劇場の活動を後押しするため、500万円を追加した「1,500万円」を次の目標とし、以下のように活用させていただきます。

◎『第4回全国小劇場ネットワーク会議』開催
→実際に集まり『第4回全国小劇場ネットワーク会議』を開催する費用として使用します。
 会議ではコロナ禍の劇場の状況・「再開」に関する情報共有、またクラウドファンディングの総括、全国小劇場ネットワークの今後の活動に向けた議論を行います。

◎事務局経費
→年内のネットワーク事務局維持費用に当てます。

◎クラウドファンディング参加劇場で分配
→上記経費を除いたものはファーストゴール対象外だった「クラウドファンディング協力劇場・アトリエ」も対象に入れ、ネットワーク内で要請があった劇場に分配
いたします。

新規参加劇場

今回のクラウドファンディング期間に新たに参加希望をいただき、ネットワークに参加していただくこととなりました。
(新規参加劇場は今後いただいた支援金の分配対象となります。)

◎風のスタジオ(岩手県盛岡市)
◎クォータースタジオ(宮城県仙台市)
◎日暮里d-倉庫(東京都荒川区)
◎ザムザ阿佐谷(東京都杉並区)
◎アトリエファンファーレ(東京都杉並区)
7/23付でネットワークの離脱と支援の受け取りを辞退されることになりました。


CROWDFUNDING

全国小劇場ネットワークでは緊急事態宣言後の劇場の「再開」を具体的に想定し、どう「再開」していくのかを考え実践するため、クラウドファンディングに挑戦いたします。

クラウドファンディング|全国小劇場ネットワーク

詳細はリンク先をご覧ください。

皆様のご支援とお力添えをお願い申し上げます。